アミノ酸シャンプーの主な成分

アミノ酸シャンプーの主な成分

アミノ酸シャンプーは洗浄成分としてアミノ酸系の界面活性剤を用いていることが大きな特徴になっています。具体的にはココイルイセチオン酸Naやラウリルリン酸Naなどです。

 

これらは純粋な洗浄力では安価な石油系界面活性剤に比べると劣る(というより適度)ため、安価な市販品の成分にはほぼ含まれません。

 

そのため頭皮の健康を考えたアミノ酸シャンプーと安価な石油系シャンプーの区別は容易に付くと思います。その他にベタイン系、メチルアラニン系などアミノ酸洗浄成分にも様々な種類があります。

 

しかし、どの系統であっても基本的な特徴に差異はあまりなく、洗浄力がマイルドで頭皮に優しい点は共通しています。

 

また、さらなる頭皮への刺激の小ささを謳うベビーシャンプーなどではコカミドプロピルベタインなどの自然由来で特に低刺激なものが用いられています。

 

コカミドプロピルベタインはヤシ油を分解して得られる成分で、極めて低刺激な洗浄成分として幼児用の洗浄製品によく含まれています。

 

アミノ酸系界面活性剤の種類は非常に多く、様々な系統のものがあるため全てを暗記するのは難しいかもしれませんが、よく用いられるアミノ酸系界面活性剤の名前は抑えておき、シャンプーを変えたりする場合は成分表をチェックするといいでしょう。

 

また、安価な市販品に用いられがちな刺激物質・有害物質も合わせて抑えておくとより適切な選択が行えると思います。また、部分染めの場合は白髪染めシャンプーを利用するより、リタッチカラーを使うほうが良いですね!こちらのサイトでリタッチの適切な頻度を解説しています。