アミノ酸シャンプーと市販のシャンプーは何が違う?

アミノ酸シャンプーと市販のシャンプーは何が違う?

アミノ酸シャンプーはその名の通り、洗浄成分にアミノ酸を使用している点が従来の市販のシャンプーと異なる点です。では、使用上でどのような違いがあるのでしょうか?

 

市販のシャンプーの問題点が騒がれ始めたのはわりと最近のことで、薄毛・ハゲのリスクとして皮脂の過剰な排除があることが認知されはじめてからのことです。

 

それまではとにかく脂を残さず排除することがハゲの予防に役立つと信じられてきました。しかし、考えて見ればわかることですが、皮脂は皮膚の保湿や外部からの刺激への防御膜としての役割を担っています。

 

そしてそれを全て奪ってしまえば皮膚にトラブルが発生しやすくなるのも道理です。高洗浄力で安価なシャンプーが普及した現代でもハゲの発生率は減っていないどころか上がってさえいるのはこのへんに原因があり、皮脂を過剰に嫌う認識を改めなければならないと言えます。

 

アミノ酸シャンプーは洗浄成分にアミノ酸系界面活性剤を使用しており、決して皮脂を根こそぎ奪うことはせず、また頭皮への刺激も石油系界面活性剤メインの安価なシャンプーに比べ大幅に低いのです。

 

頭皮への残留物質もほぼ無く、長期的な頭皮の健康を考えた場合大きなメリットがあると言えます。

 

一般的な石油系のシャンプーは泡立ちがよく、香りもいいことから何となくしっかり洗えている気分になりがちですが、本当に頭皮に優しいものはどれかを考えてシャンプーを選択する必要があるのです。